忍者ブログ
紙端国体劇場様の二次創作置き場。
2018/10/22 (Mon)11:34
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/05/19 (Sat)00:34

ちょっとしたパラレル話!
とある町の古書店での話。












カラン、と古びたベルが鳴った。
薄暗い店内、古書の匂いが鼻腔を指す。

「こんにちはー」

人気のない店内に声をかければ、一拍間があって暖簾をかきわけ人が出てきた。

「いらっしゃいませ」

にこ、と笑った彼はかけていた眼鏡をシャツのポケットに仕舞う。
空間に似合わぬ若い姿に驚いた。
歳のころは山陽とあまり変わらないか、もう少し若いくらいだろうか。

「お客様?」
どうしましたか、と不思議そうに問われるのに慌ててメモ書きを差し出した。

「この本が大至急欲しいんだ。ここにならあると聞いて……」
「ちょっと、失礼しますね」

思いのほか大きな手がメモを受け取り書きつけられた文字を追う。
僅か、悩むそぶりを見せると徐に傍らの本棚から一冊の本を取り出し、差し出してきた。

「これでしょうか」
「あっ!」

古書店と言う古書店を梯子したのに見つけられなかった本。
思わず山陽は泣きそうになった。

「よかったぁぁぁっ!」

ひしっ、と抱きしめ叫ぶ。
大袈裟なほど喜ぶ山陽の姿にふっと黒髪の彼が笑った。

「あ……」

思わずその顔に見とれる。
決して派手な容姿をしているわけでもない、着飾っているわけでもない、けれど密やかな華があった。

「? どうしました?」

笑みは一瞬で。
すぐに戻ってしまった表情に残念な気持ちになる。

「いや、その、この本、ください」

じっと待つ姿に上手く言葉が出ない。
ようやく口から出てきたのはそんな言葉で。

「ありがとうございます」

事務的に会計を済ますと、彼は頭を下げた。

「あ、のさ」
「はい」

買った本を胸に抱え、意を決して顔を上げる。
心臓がバクバクとうるさい。

「また、来てもいいかな?」
「……定休日は月曜日です」

沈黙の後に返されたセリフを了承と受け取った。
ぱぁっ、と笑うととびきりの笑顔を彼に向ける。

「俺、山陽って言うんだ。君は?」
「ジュニア、と呼ばれています」

ほんの僅か見えた感情は困惑。
けれど、無反応よりは良いと勝手に納得して、今度こそドアに手をかけた。

「じゃあ、またね。ジュニア」
「……ありがとうございました」


―カラン


+++++
そして物語りの幕は開いた。
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
91  90  89  88  87  86 
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ただのしがない文章
書き。
切ない系、片思い、
バッドエンド、一方
通行、環状線。精神系等、救いのあまり見えなぃ話が好き。
ハッピーエンドを書くのが苦手。
得意なのは専ら昼ドラ系。←
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]