忍者ブログ
紙端国体劇場様の二次創作置き場。
2020/03/28 (Sat)18:26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/07/25 (Mon)12:42

お友達のリクエスト品!
渋にもうpったけど、こっちにも。


















その人は、優しい人だった。
上司に振り回されるばっかりの自分を助けてくれて、労ってくれて、笑いかけてくれて。
最初に差し出されたコーヒーはひどく甘かったのを覚えてる。

「高崎」

少し眉尻を下げて、呆れたように困ったように笑って名前が呼ばれるのが好きだった。
いつの間にか顔を合わせれば休憩を、お昼ご飯を、一緒に食べるようになって。
会話が増えた。
知ってることも増えた。
好きなものとか、嫌いなもの、苦手なもの。
あんまりお酒に強くなくて、二人揃って上越上官に潰されて、呆れられて。
同じ頭痛を抱えて、御顔を見合わせた途端に吹き出した。
低くなっていた垣根。
胸の中に占める割合が徐々に大きくなっていた。

「おつかれさん」

顔を見れると嬉しい。
言葉を交わせれば一日頑張れる。
背中に触れた体温が離れるのが寂しいとか。
東京までくれば姿を探してしまう。
宇都宮にからかわれたけれど、治らない。
ゆっくりゆっくり積み重なった時間。
本当に少しずつだけど確実に積もった思い出。

いつの間にか、好きになってた。

それは当たり前のように高崎の胸に収まった感情。

「俺、あの人が好きだ」

ぽつり、呟けば相棒である宇都宮の呆れた視線とぶつかった。
思わず体を後ろに引けば「鈍感」と短く感想が返ってくる。
何か言う前に書類を取られた。

「ほら、行くならさっさとしなよね。まだ、今日はいるんじゃない?」
「え、あ、おぅ!」

トン、と背中を叩かれるまま、駆け出す。
振り返って「サンキューな!」と手を振るのを忘れない。
小さく手を振りかえされたのを確認して、走る速度を上げた。
普段なら敬遠しがちな上官のフロアを目指して。
顔を見たら伝えよう。
探す人の後ろ姿が見えた。

「山陽上官っ、山陽さん……!!」
「高崎?」

きょとん、と。
驚いた風に振り返って、いつものように笑ってくれる。
その両手をぎゅっと、握って口を開いた。

「あのっ、俺っっ」


  貴方が、好きです。





+++++
青い春。←
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
89  88  87  86  85  84  83  82  81  80  79 
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ただのしがない文章
書き。
切ない系、片思い、
バッドエンド、一方
通行、環状線。精神系等、救いのあまり見えなぃ話が好き。
ハッピーエンドを書くのが苦手。
得意なのは専ら昼ドラ系。←
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]