忍者ブログ
紙端国体劇場様の二次創作置き場。
2020/03/28 (Sat)16:57
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/10/07 (Thu)15:45

ウチの二人はそんな感じ。
モチベあげにコネタリク募ったら言われたので書いてみた。

















『おっはよー☆』
「…おはよ」

ぬっと目の前に現れた人形がぱくぱくと口を動かす。
後ろの本体は相変わらず表情が読めない。
人形を見て本体を見て、溜め息をひとつ。

「何を拗ねてるんだい」

呆れた顔で眼鏡のブリッジを押し上げる。

「…」
「黙ってないで何か言ったら?」

トン、と書類を揃え立ち上がった。
くらり、視界がまわる。
一瞬で治まった眩暈に、肩の力を抜いた。

「…山手?」

少し焦った顔で腕を掴んでいた相手を呼んだ。

「……なぃ」
「何?」

ぼそぼそと何事か呟く。
聞き返せば「京浜東北が頼ってくれない」と非常に聞き取りにくいが聞き取れた。
整合性のない言葉に眉間に皺がよる。

「それで?」
『もう少しぼくに頼ってくれてもいいじゃないー!何でも一人で抱え込むと倒れちゃうんだからねっ!』

再び現れた人形が、憤慨した様子で捲くし立てる。

「心配なら心配だって言えば?」

まだ何か言おうとした人形は横から伸びた腕に攫われていった。
唐突に現れた姿と人形をとられた姿を困ったように見る。

「……山手?」
「あんまり、無理するな」

伸びた手がわしわしと頭を撫でた。
慣れないことをする同僚に苦笑をひとつ。

「まぁ、そう思うのならもう少し僕の仕事を増やさないようにしてよね」
「善処、する」

攫われた人形を取り返し、部屋を出て行った。

「……それで、いつから見てたの?」
「どこからだろ?」

人を食ったような笑みに先程とは違う溜め息を吐く。

「高崎と喧嘩したのは自分のせいでしょ。僕にあたらないでくれる?」

ざっくり切り捨てると僅かに笑顔が引き攣った。
何か言い返される前に書類を抱える。

「流石、あの山手の機嫌を読むだけあるよね」
「君達はわかり易いんだよ」

嫌味を厭味で返された。

PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
23  22  21  19  18  15  29  24  13  14  12 
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ただのしがない文章
書き。
切ない系、片思い、
バッドエンド、一方
通行、環状線。精神系等、救いのあまり見えなぃ話が好き。
ハッピーエンドを書くのが苦手。
得意なのは専ら昼ドラ系。←
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]