忍者ブログ
紙端国体劇場様の二次創作置き場。
2018/06/20 (Wed)10:33
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/10/02 (Sat)02:35

篠山お誕生日おめでとー!と某所に載せていた文章さん。
何か、色々間違っている。。。


















「誕生日おめでとう」
「っ!?」

同僚の言伝で立ち寄った駅員室で、いるはずのない人物と遭遇した。
しかもありえない言葉付きで。
あまりの衝撃に思考が停止した。

「あまりに急だったので、たいしたものはやれないのだが」

固まったままの目の前に簡素な箱が差し出される。
咄嗟に受けとった。

「あ、の」
「何だ?」

手にしていた箱を手渡して、手持ち無沙汰な様子なのに声をかける。
心臓が狂ったように鼓動を刻んでいた。
黒い目が真っ直ぐに自分を見る。
手の中の箱をきつく握り、震えそうになる唇を叱咤して口を開いた。

「ありがとう、ございます」

深々と頭を下げると少し迷う気配があって、髪を梳かれた。

「礼なら俺より、お前の同僚に言ってやれ」
「?」

促されるまま顔を上げると優しい苦笑いとかちあう。
何のことだろうと思うそばから、脳裏を過ぎる小柄で元気な姿。
唇の端が引き攣る。

「急に連絡してきたと思えば、お前の誕生日だと一通り騒いでいったぞ」
「……すみません」

穴があったら入りたかった。

「お前が謝ることじゃないさ。良い同僚を持ったな」

ふわ、と破顔して胸元から時計を取り出す。

「……っ」

ようやく治まった鼓動が忙しなく鳴りだした。

「慌ただしくて悪いが、もう時間だ」
「あ、いえっ」

その言葉に道を譲る。
カツリ、靴を鳴らして扉を出る。

「頑張れよ」
「ありがとう、ございました」

とん、と胸を拳て叩いて笑顔をひとつ。
手を振って姿勢の良い背中が遠くなるのを呆然と見送った。

「え……」

角を曲がり背中が見えなくなったところでようやく我に返る。顔が熱い。

「ど、うしよう……」

うっかり受け取ってしまった箱を見つめた。
少し悩み、机の上で開く。
中には品の良い万年筆が入っていた。




+++++
ウチのジュニア(東海道本線さま)は篠山に構いすぎである。
きっと後生大事に今現在も彼は万年筆を持ってると思ぅ。←
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
18  15  29  24  13  14  12  11  10  9  8 
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ただのしがない文章
書き。
切ない系、片思い、
バッドエンド、一方
通行、環状線。精神系等、救いのあまり見えなぃ話が好き。
ハッピーエンドを書くのが苦手。
得意なのは専ら昼ドラ系。←
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]