忍者ブログ
紙端国体劇場様の二次創作置き場。
2018/11/19 (Mon)10:58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/10/10 (Sun)23:39

ウチの篠山さん。
こぅ、常にこんな感じです。。。














きな臭い匂いが鼻をさす。
ぼんやりと焼けた町を見ていた。

「……」

色彩の欠けた世界の隅に白い花。
引き寄せられるように近づく。
焦土に真白な花が咲いていた。
汚れのない色に吐き気をもよおす。
衝動的に握り潰そうと手をのばして、止まった。
利き手で制服をまさぐり小刀を取り出す。
口で鞘を引き抜くと躊躇いなく、掌を切り付けた。

「…………」

ぱっくりと裂けて一瞬の間。
鮮やかな緋色が浮き上がり瞬く間に肌が染まっていく。
手から溢れたその色は手首を伝い指を伝い袖口に地面に、花弁に滴った。
白が、汚れる。
唇が笑みとも侮蔑ともつかない形に歪んだ。

「ふ……」

ぼたりぽたりと零れる緋色。
鼻をつく鉄と塩の香。
何をするでもなく、ただただ見つめていた。

「何をしとるんじゃっ!?」
「……あ?」

咎めるような声に顔を上げる。
いつも見下ろす顔が上の方。
掌の惨状に眉を釣り上がる。

「こいっ」
「何故だ」

腕を掴まれ強引に歩き出す背中にぽつり問い掛ければ、凄い目で睨まれた。
斑に染まる花が見えなくなる。

「お前は馬鹿じゃ」

腕を掴む手が微かに震えていた。

「すまん」
「意味もわからず謝られても意味などないわっ」

凄い剣幕で怒られる。
どうしたら良いのかわからずただ同僚の背中を見つめていた。
思いだしたように切り付けた掌が痛む。

「…すまん」
「ふん」

何か感じとったのか今回は怒られなかった。
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
25  23  22  21  19  18  15  29  24  13  14 
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ただのしがない文章
書き。
切ない系、片思い、
バッドエンド、一方
通行、環状線。精神系等、救いのあまり見えなぃ話が好き。
ハッピーエンドを書くのが苦手。
得意なのは専ら昼ドラ系。←
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]