忍者ブログ
紙端国体劇場様の二次創作置き場。
2020/03/28 (Sat)18:03
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/03/11 (Fri)02:08

組み合わせごっちゃで、色々。
個別に載せるには短すぎる子たち。

















捻くれてる癖に真っ直ぐで、憎めない。
姿が見えないと落ち着かないし、無意識に探してる。
自覚して溜め息をひとつ。あぁ、毒されてるな、と思いながらそれほど嫌な気分じゃない。
きっとこれが『好き』なんだろう。
はぁ、と息を吐き出す。
地上は寒い。
でも、お前がいるなら出てきてやってもいいよ。


+++
本人的には、常千代。





最初から決められた運命。
選択権も何もなく、ただ、それだけのために作られた。
気力も何もなく、惰性で時を過ごしてきたのに。
あの日あなたに会った瞬間、全ての景色に色がつき、見慣れた世界がとても素晴らしいものに見えた。
あなたが、いるだけで。
真っ直ぐなその目に、会ったときから魅入られていた。


+++
鶴舞犬山。






君はいつも他の人を見てる。
僕を、僕だけを、見て欲しいのに。
手を伸ばして捕まえても、君はいつの間にかいなくなって。
別の誰かと笑ってる。
でも、いいんだ。
君は僕を受け入れてくれるから。
僕は君の中にいられれば今は満足だよ。
それでも、いつか。

「君の世界が僕だけになりますように!」

願ってる。


+++
けよむさ。視点、京葉。





昔はあんなに大きいと思っていたのに。
いつの間にか自分のほうが大きくなってしまっていた。
貴方をただ、守りたいと思っただけなのに。
手を伸ばして、儚い背中を抱きしめた。

「……放せ」

冷たい言葉。

「嫌です」

抱きしめる力を強くする。
貴方の目は僕を見ない。
こんなに貴方が好きなのに。
貴方は遠い。


+++
北陸上越。





君の視線は昔から変わらないね。
酷く真っ直ぐで凄く綺麗。
汚しても貶めても、何でそんな風にいられるんだろう。
僕は、君が羨ましくて妬ましいよ。
だから僕は君に対してずっと気づかないふりをしていてあげる。
君が僕に向ける淀んだ想いは、綺麗な君の汚点だから。
僕はそんな君をアイシテルよ。


+++
小牧犬山。視点、小牧。















汗の浮く背中に歯を立てる。
がりり、と。
皮膚が裂ける感触がして、咥内に鉄の味が広がった。

「ひん……っ」

びくり、組み敷く体が震える。
その様にうっすら歪んだ笑みをはいて、耳元に「淫乱」と吹き込んだ。

「っる、せ……」

黒い目が睨んでくる。
だが、快楽に濡れていては迫力などあるはずはなかった。


+++
うつにこ。
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
67  66  65  64  63  62  61  60  59  58  57 
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ただのしがない文章
書き。
切ない系、片思い、
バッドエンド、一方
通行、環状線。精神系等、救いのあまり見えなぃ話が好き。
ハッピーエンドを書くのが苦手。
得意なのは専ら昼ドラ系。←
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]