忍者ブログ
紙端国体劇場様の二次創作置き場。
2017/10/22 (Sun)15:08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/02/03 (Thu)04:22

飽きずに懲りずに名.鉄.二次!!
ひめちゃんちの子たちです^^

















「ね、僕のこと好きだって言ったよね?」

するり、と伸ばされた手。
詰襟の制服の隙間から滑り込むと、ひたり首を掴んだ。

「っ…」

凍るように冷たい温度に鳥肌が立った。
じわりじわりと力が篭っていくのがわかる。

「抵抗、しないの?このままだと死ぬかもよ?」

緩く弧を描く口元。
虚ろな双眸に光はない。

「あぁでも、僕たちって死ねるんだっけ?」

くすくすと小さく笑いながら力が弱まる様子はない。
無意識に息をしようとした咽喉が微かに鳴った。
酸素が足らなくて視界が狭くなっていく。
伸ばした手が、僅かに頬に触れた。

「何?」
「ぁ……」

こてんと首を傾げるのにはくはくと唇だけが動く。
咽喉から出るのは掠れた音だけで。
伝わらない思いがもどかしい。

「結構、持つものなんだね」

ぐぐっと咽喉にかかる力が強くなる。
すでに痛みなど感じない。
意識が朦朧としてきた。
視界が赤く染まる。

「ねぇ、本当に死ねるの?」

頬に触れていたはずの手が落ちた。
指先に冷たい空気が触れる。

「ず  」

声が遠くなった。
体が重力に引きずられる。

「…………」

もう見えない、聞こえないはずなのに、何故か泣いている気がした。
だから、重たい唇を動かす。

「だいじょうぶだからなくな……」
「っ!!!」

悲鳴のような声で名前を呼ばれた気がしたけれど、意識はそこで途切れた。



+++
小牧は劣等感の塊です。
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
48  47  46  45  44  43  42  41  40  39  38 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ただのしがない文章
書き。
切ない系、片思い、
バッドエンド、一方
通行、環状線。精神系等、救いのあまり見えなぃ話が好き。
ハッピーエンドを書くのが苦手。
得意なのは専ら昼ドラ系。←
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]