忍者ブログ
紙端国体劇場様の二次創作置き場。
2020/03/28 (Sat)18:44
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/02/01 (Tue)01:19

うつにこ!!
ちまちま溜まったので詰め合わせー
にこいせ、うったか前提でどうぞ☆


















触れ合っていた温もりが離れる。
それに比例してブレていた焦点が像を結ぶ。
黒い髪黒い瞳、仮面のような作り物の笑顔。

「どうしたの、そんな顔して?」

望んだのは君も同じでしょ、と歪んだ唇が囁く。

「はっ! それがどうした?」

吐き捨てられる言葉に歪に笑ってまたね、とオレンジの背中は去っていった。


+++
同じ穴の狢





目を開けて天井を見た。
自分の家のものではない無機質な天井。
隣にある体温は、己より低くいつの間にか慣れた温度となっていた。

「……起きたの?」
「あぁ」

もぞり、と動く気配がして目の前に感情の読めない笑顔。
瞼に触れるだけのキスが降った。

「んだよ……」
「おまじない。良く眠れるように」

高崎が誰に教わったのか昔してくれたんだ、と嬉しそうに語るのに胃の底が重たくなる。
顔を見るのが嫌で目を閉じた。

「僕は早いから、君は好きなだけ寝てるといいよ」
「……」

ギシリ、と軋むベッド。
掛けられた声に反応はせず、狸寝入りを決め込む。
くすり、と笑った気配がして、空気が動いた。

「おやすみ、日光」
「っ……」

低く甘くまるで睦言のように囁かれた言葉に小さく息を飲んで、それでも頑なに目を瞑ったまま。
くすくすと笑って、宇都宮は日光から離れた。
暫くして規則正しい寝息が聞こえる。
ゆっくりと目を開いて溜め息を一つついた。

 ――あぁ、なんて不毛な関係なんだろう。


+++
今更だ。





頬に優しい口付けが降る。
鼻に瞼に額に。
ゆるゆると瞼を開ければ、視界一杯に宇都宮の顔。

「……ん、だよ」

眉間に皺を寄せて悪態をつく声は酷くかすれていて、舌打ちをした。
そんな日光にくすり、と笑って唇に触れるだけのキス。

「おはよう、朝だよ?」

軽く触れたままの唇がそう囁いた。


+++
いつもと違うテイストで。
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
47  46  45  44  43  42  41  40  39  38  37 
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ただのしがない文章
書き。
切ない系、片思い、
バッドエンド、一方
通行、環状線。精神系等、救いのあまり見えなぃ話が好き。
ハッピーエンドを書くのが苦手。
得意なのは専ら昼ドラ系。←
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]