忍者ブログ
紙端国体劇場様の二次創作置き場。
2018/10/22 (Mon)11:35
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/01/28 (Fri)23:37

KYです。
通常運行仕様。←

















キンと冷えた空気に大きな月が浮かんでいた。

「ねぇ、九州」
「なんだ」

ふわり、と陽子の長い髪が舞う。
僅かに欠けた月を背中に酷く綺麗に笑った。

「私、貴方が好きよ」
「…………」

綺麗な微笑み。
月明かりの下、儚く消えてしまいそうなほど。

「貴方が、好き」
「っ……」

思わず手を伸ばして、九州は陽子の腕を掴んだ。
想定外だったのか、笑みの形をとっていた双眸が驚きに見開かれる。

「どう、したの?」
「……」

ぐ、と陽子の腕を握る力を強くして九州はぽつり、と呟いた。

「消えてしまうかと思った」
「まさか、消えないわよ」

くすくすと笑って、もう一度「好き」と囁く。

「あ」
「しぃっ」

何か言いかける九州の唇を陽子の指がとめる。

「いいの、言わせて。今この瞬間だけだから。答えは求めてないから。だから」

貴方が好きだといわせて欲しい。
一瞬泣き出しそうに歪んだ顔に九州は何も言えなくなった。

「……好きにしろ」
「ごめん、ありがとう」

小さく呟くのに嬉しそうに笑う。
抱きしめたい衝動を押さえ込み、九州はただ陽子を見ていた。
陽子も九州を見つめていた。

「貴方が、好きよ」
「……あぁ」

肯定するように頷く。
儚くも美しい陽子の微笑は、月下美人のようだと思った。
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
46  45  44  43  42  41  40  39  38  37  36 
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ただのしがない文章
書き。
切ない系、片思い、
バッドエンド、一方
通行、環状線。精神系等、救いのあまり見えなぃ話が好き。
ハッピーエンドを書くのが苦手。
得意なのは専ら昼ドラ系。←
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]