忍者ブログ
紙端国体劇場様の二次創作置き場。
2020/03/28 (Sat)17:55
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/01/16 (Sun)23:53

ウチの篠山さんの詰め合わせ。
何も考えてないので、繋がってはいません。

















ガタタンガタタンとよく知っている、けれど知らない揺れに体を任せていた。
ぼんやりと見つめる景色も知らないものだ。

「どうした?」
「……いえ」

心配そうな声に緩慢に首を振った。
少し困ったような顔をされて脱色した髪をゆるりと撫でられる。
優しい感触に僅か迷って呟いた。

「大丈夫です」
「そうか」



+++
東海道本線と。




がやがやと騒がしい食堂。
黒ばかりの中、ぽっと明るい銀灰色が目にとまった。
窓越しに一瞬邂逅しただけであったが、容姿も、聞いた歴史も酷く印象に残っている。
あんな騒動を二回も起こして、それでも存続が決まっている相手にふと醜い感情が膨れ上がった。

「   」

不躾に近づいて暴言を吐きつけた。


+++
八高さんに。




鏡に映る姿が変わる。
昔の、自分へと。

「な……」
『今は幸せか、俺?』

くつり、笑みの形に歪む顔。虚ろな眼差しで唇が釣り上がった笑顔の鏡面に波紋が広がり、腕が伸びてきた。死人のように白い腕。
逃げることもできず、胸元を掴まれ鏡へ引き寄せられた。

『なぁ、オレを捨てて手に入れたのは、何だ?』



+++
山陽さんと。




何故どうしてこうなったのか。
全身を駆け巡る痛み。
視界は所々朱く染まり、まともに平衡感覚も存在している気もしない。
人の為に走りたかった、人の笑顔の為に走りたかった。

それが何故。

人を死地へ運び、人を殺める為の道具を運び、自身を壊されて尚、走らなければいけないのか。

己の存在意義を問う。



+++
戦時中。
八高さんでも良かったかも。




桜の咲く季節に貴方に心を奪われました。
桜の散る季節に終わりが決まりました。
桜が咲く季節の前に貴方の手を取りました。
そしてまた、桜の咲く季節に貴方とかえってきました。


+++
山陽さんになったんです。
PR
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
39  38  37  36  35  31  32  34  33  30  28 
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
性別:
非公開
自己紹介:
ただのしがない文章
書き。
切ない系、片思い、
バッドエンド、一方
通行、環状線。精神系等、救いのあまり見えなぃ話が好き。
ハッピーエンドを書くのが苦手。
得意なのは専ら昼ドラ系。←
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]